アダルトアニメを紹介。アダルト動画サイトへ案内しているのですぐ視聴可能!
エロアニメ
管理者ページ 


■管理人一押しのエロアニメサイト ゼロアニメーション

 ゼロアニメーションは、一ヶ月US$44.00(約3,960円)で400本以上の無○正アダルトアニメがダウンロード・見放題の管理人が知る中で最強のアダルトアニメサイトです。

 ゼロアニメーションで見ることができるお勧めアダルトアニメ
ワーズ・ワース(Words Worth)
股人タクシー
エルフィーナ
夜勤病棟
最終痴漢電車
新世紀 淫魔聖伝
淫獣聖戦XX
もけもけ大正電動娘 ARISA

 その他にも多数アダルトアニメ見ることできます。

エロアニメ

 マァムの肉体はザボエラの責めに敏感に反応し、恥辱で顔は紅潮し頭の中は真っ白になっていた。
 もはやまともな思考することはできなかった。

 そんなマァムを弄ぶように、ザボエラはマァムの股間にゆっくりと顔を埋めた。
「あっ!……」
 ぬめっとした感触を受けて、マァムの体がピクッと震える。しっかりと両手で腰を抱えこまれているため身動きすることすら自由ではなかった。
 ザボエラは両手の指で花弁を押しひろげ、淫裂にそって舌を上下させ、ぺろぺろと舐めまわしはじめた。ぬらっとした感触にマァムはピクッと肩を震わせた。
「いや、いやァ。やめて、やめてっ!」
甲高い悲鳴をあげてマァムは激しく身悶えた。
 ううっ、気持ち悪い……。
 大事な秘密の花園を手ひどく蹂躙されてプライドを引き裂かれたせいもあるが、それよりも、おぞましい気持ちになったことが悲鳴をあげさせた原因である。
 ザボエラは両手でふっくらと丸い腰をかかえこみ、マァムの動きを封じておいてピンクの秘裂の中にすぼめた舌先を挿しこんだ。
「あーっ、いやァ!」
 ひときわ高い悲鳴をあげて、マァムの上半身が弓なりにのけぞった。
「お願いだから、やめて…」
 体を震わせて哀願するさまを楽しむように、ザボエラは執拗に舌先を動かした。刑襞の一本一本をなぞりながら、ピチョピチョとわざとらしく淫靡な音を響かせる。
「いやァ、ああッ……」
 陰唇は唾液でべとべとにまみれて、ぬらぬらと卑猥に光っている。
 いやァ、いやよ、こんなのって……。
 柔らかな秘肉を舌先で這いまわるおぞましさに、マァムは歯を食いしばって耐えた。
  舌先が淫裂から抜かれてほっとしたのも束の間、こんどはクリトリスに照準があてられた。
「あっ、いや。だめェ!」
 敏感な突起を舌先でころころと転がされると、マァムは喉に絡まったようなかすれた悲鳴をあげて、ピクッと上半身を震わせた。こんもりと形よく上反っている乳房がプルプルと小さく揺れた。
 ピチョピチョと淫靡な音をたてて、ザボエラは丹念に突起を弄んだ。

「いや、いや……もうやめてえ……」
 マァムの声がすこしつづ上ずってくる。
 いやよ、どうしてなの……。
 体に生じてきた、ある種の変化に、マァムは戸惑いを覚えていた。おぞましいと思いながらも、奇妙な気分に衝きあげられてきたのである。
 そんな、そんなはずはないわ……。
 絶対に認めたくはなかったが、快感がじわーっと全身を包んできたのだ。
 こんな奴に凌辱されて気持ちよくなるなんて、うそよ、絶対にそんなはずは……。
 そう思いこもうとするのだが、意思を嘲笑うかのように、肉体は勝手にザボエラの舌先に反応し、府芯がゆるんでくるのだった。とろとろと蜜液が湧きだして、じとーっと秘唇に滲みだしてきた。
 それに呼応するかのように、クリトリスの薄皮が弾けて、愛らしく初々しいピンクの若芽が恥ずかしげに顔をのぞかせた。
「オサネが出てきたようじゃ」
 ザボエラは若芽を舌先で突つきまわし、転がすようにこねまわすと、
「だめェ。いや、いやァ……はあーッ……」
 言葉とは裏腹に、マァムは甘い鼻声をあげて喘ぎはじめた。
 いやよ、どうしてなの……。
 辱しめを受けながら、徐々にってくる快美な陶酔を、マァムはどうしても理解できなかった。意思に逆らって反応する己が肉体を呪いさえもした。
 しかし、体はどこまでも心を裏切り、肉襞がじくじくと熱っぽく脈打って、また果芯から濃蜜がとろとろと流れだし秘唇に溢れるのだった。

「お願いだからもうやめて…」
 全身を震わせてマァムは哀願した。
 一見、いやだからやめて欲しいというように聞こえるが、その実は違っていた。これ以上責められると自分に自信が持てなくなっていたのである。
 いやなことは事実なのだが、責め苛まれるたびに快感のボルテージはあがっていき、したたり落ちる蜜液の濃度もしだいに濃くなってきたのだ。
「やめてって、本心なのか?」
 唇を離して、ザボエラはマァムの顔を覗きこんだ。
「それじゃ訊くがな、やめて欲しいやつがどうしてこんなにマン汁をしたたらせてるんじゃ、えっ!?」
 唇と舌の代わりに指を一本淫裂の中に挿しこんで、ザボエラはくねくねと動かして柔らかなピンクの秘肉をくじった。ニチョニチョッと湿って卑猥な音が響く。
「ああっ、いや、いやァ……」
「いやじゃないだろ。気持ちいいからマン汁が溢れてるんjじゃろ。違うか?」
 淫唇の中から抜いた指を、ザボエラはマァムの鼻先につきつけた。指が全体に蜜液にまみれてぬらつき、甘酸っぱい香りが鼻腔をくすぐる。
「違うわ。わたし、こんな目にあって気持ちいいわけが……」
 必死に否定しながらも、トロトロと秘芯からしたたり落ちる果蜜の存在を、マァムは絶対否定することができなかった。
「嘘をつくな。マン汁ってのはな、気持ちいいから湧いてくるものなんじゃぞ。ほれ、気持ちいいんじゃろ」
 挿しこんだ指を蠢かせて、ザボエラはにやっと卑猥な笑みを口もとに浮かべた。湿って淫靡な音がニチョニチョとマァムの耳を打った。
「マン汁の量が増えてきたぞ。ヒッヒッヒッ、やはりスケベ女のマンコは激しいなァ」
 また秘裂から抜いた指を、ザボエラはマァムの顔の前で打ち振った。
「いやァ、やめて、やめて…見せないでえ…!」
 マァムは悲痛な声を振りしぼった。
「おまえは、いつまで清純ぶってるんじゃ。いくら言葉で否定しても、事実を曲げることはできないんじゃよ」
 ばかにしたような口調で言い、ザボエラはせせら笑っていた。


地底魔城の惨劇の巻 第一章
地底魔城の惨劇の巻 第二章
地底魔城の惨劇の巻 第三章
●地底魔城の惨劇の巻 第四章